たるみの原因

なぜ目の下にたるみができるのか

若い頃はまったく気にならなかった目の周り、20代後半くらいから目の下のたるみが出てきた。そう思いませんか。早い人は20代後半から、40代が一番多く発症するようです。このたるみができる原因は、目の周辺の眼輪筋という瞼を閉じたり涙袋を開く役割の筋肉の衰え、顔の内側の脂肪が飛び出るためです。加齢はもちろんのこと、紫外線や目への直接の刺激による細胞破壊も要因となります。また、脂肪とは別に血流が要因となる場合もあります。特に朝方、血行不良でむくんでしまうことが多いようです。それ以外の要因としては、アレルギーや病気、老化などが挙げられます。では、一度たるんだらそのままなのかというと、違います。きちんと対策を取れば目の下のたるみは解消できるのです。

まず初めに加齢などで脂肪が出てしまった場合の解消方法ですが、眼輪筋を鍛えるのが有効です。目の周りのツボを押したり、キツネ目になるよう目を突っ張ったり、目の下をマッサージします。しかし、強く触っては細胞を痛めるだけなので目の下は優しく触るようにしましょう。次に、血行不良などによるむくみの場合ですが、血流を良くすることが重要です。そのためには、体温を上昇させ、汗をたくさんかくことです。フィットネスなどの運動を始めとして、発汗作用のある食品を摂取することも有効です。それでもどうしてもたるみが取れない場合の手段として、ヒアルロン酸を注入してハリを取り戻すということもできます。ただ、あくまでも最終手段として、生活改善と予防でハリのある目元を取り戻しましょう。

Copyright(c) 2015 きれいな女性になる〜ビューティフルレディー〜 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com