過剰な洗浄はしない

下半身

水道水で洗浄しない

膣内洗浄は、膣内に溜まっているオリモノや雑菌を洗い流すことができ、不快感や匂いの原因を取り去ることができます。また、生理が終わりかけの時に行うと、膣内に残っている経血を洗い流すことができるので、生理を早く終わらせることも可能です。その他にも、膣内の不純物を取り除き生理痛が軽くなるなど、色んなメリットがあります。しかし、膣内洗浄を行うにおいて気をつけなければならないのは、過剰な洗浄です。清潔に保とうと週に何度も行うと、膣内の常在菌まで洗い流してしまい、膣内の抵抗力を下げてしまいます。膣内の抵抗力が下がると、膣炎や性感染症に感染しやすくなるため、やりすぎは禁物です。膣内洗浄は、使い捨てビデを利用して行うのが一般的ですが、一度使ったら廃棄するようにしましょう。ビデの中に水道水を入れて洗浄すると、刺激が強かったり、アレルギーを起こしたりする可能性もあります。水道水にはカルキなどをはじめいろいろ成分が含まれているため、膣内に入れないように気をつけましょう。そして、膣内洗浄をする時は、清潔な手で行うことも大切です。事前に石鹸で手を洗い、雑菌のない状態にしてから洗浄するようにしましょう。夏場など、デリケートゾーンの臭いが気になると、ついつい過剰に膣内洗浄をしてしまいたくなりますが、膣内環境を乱し、臭いの原因を作ることにもなりかねません。月に1回から2回程度と、正しい頻度で行い、膣内を清潔に保つようにしましょう。

Copyright© 2018 膣内洗浄の方法【正しいやり方を確かめておこう】 All Rights Reserved.