ほっそりラインの作り方

お腹

上体起こしではダメだった

くびれのある腰に憧れる人は多いでしょう。腰の上部分がほっそりとしているだけで、全体的にスレンダーな感じになります。このほっそりを作るのに苦労する人がとても多くいます。くびれを手に入れるには腰回りのダイエットを、と頑張って腹筋に励む人もいることでしょう。腹筋はくびれができる部分に最も近い筋肉、ここを細くすればいいというのは納得のいくくびれの作り方と言えるでしょう。ですが、実はそれ間違っています。そう、腹筋運動は正しいくびれの作り方とはならないわけです。なぜならないのか、その理由は「くびれを作る筋肉を使っていないから」です。くびれができるのは腰の側面です。つまりは、脇腹の筋肉を使うのが正しいくびれの作り方ということです。通常の腹筋運動で使われるのは腹部前面の筋肉であり、脇腹への刺激にはあまりなりません。脇腹を鍛える運動と言うと、パーツと浮かぶことがないかもしれませんが、簡単な方法で鍛えることができます。その名も「腰ひねり運動」です。文字通り腰をひねるというとてもシンプルな運動です。やり方は、まず足を肩幅より少し広めくらいに開いて立ちます。その後で両手を胸の前で合わせ、上半身だけ動かすことを意識しつつ、腰を左右にゆっくりひねります。用意できる人は、手を合わせた時に軽めの重りを持つと効果的です。重りを使う人は、水を入れたペットボトルが用意しやすくおすすめです。コツは下半身を動かさないこと、そしてあくまでもゆっくりとやることです。早く効果を出そうと激しくひねると腰を痛める原因になります。これまでくびれの作り方がよく分からなかった人、腰ひねり運動を実践しましょう。

Copyright© 2018 膣内洗浄の方法【正しいやり方を確かめておこう】 All Rights Reserved.